宿泊のありかた

1週間程度の宿泊でも利用者が増えている

通常1週間から数カ月の滞在を前提として長期滞在型の宿泊設備がコンドミニアムです。海外でのコンドミニアムもそのような利用方法ですが、日本では1週間程度の比較的に短い宿泊での利用がトレンドとなっています。 これは日本ではまだまだ数ヶ月の長期休暇を取るといったことが、社会の構造からも難しい側面があるためです。そのため国内のコンドミニアムは比較的短期の宿泊者向けにプランを用意していることが多く、短期間の利用でもコンドミニアムの魅力を十分堪能できるように、配慮をしています。 バーベキューを楽しめるように設備を貸し出してくれたり、アウトドア体験が楽しめるように、カヌーやラフティングなどの貸し出しをしていたり、といった充実したサービスが国内のコンドミニアムには特に見られ、人気となっています。

コンドミニアムの利用のための方法を知っておく

低層型や高層型、ビラと呼ばれるタイプなどコンドミニアムには復数の種類がありますが、何れにおいてもその利用方法は賃貸マンションというより、ホテルの予約に近いものとなります。 特定のコンドミニアムに泊まりたいという、物件も既に決まっている場合はその物件の予約を取るために電話連絡をして開いている部屋がないかこちらの宿泊予定日数や予定日などを伝えて尋ねます。部屋の空きがあれば予約を取ることができますが、その際にには宿泊保証金が必要になるケースがあります。 特に海外のでコンドミニアムの予約では宿泊保証金が必須のことも多く、その支払いも国際クレジットカードのみ対応というケースもがあるので注意をします。宿泊保証金の支払いが終われば、後は現地でチェックインすることが出来ます。